綺麗な老い方をするために

シェアする

こんにちは、モリフクです。

あなたは、初めて自分は老けたな・・と、感じた時は何時ですか?

私は普段からあまり鏡を見ないのですが、40代の頃でしょうか・・

まじまじと鏡に写った自分の姿を見た時に感じました。

そして、ショックだったのは、白い鼻毛を発見した時です。

人間は年齢を重ねれば老けていくのは当然なのですが、

そこには

老いを認めたくない

自分がいます。

誰もが、何時までも若くありたいと願うのでしょうが、

自然の摂理に逆らうことはできません。

人はあの手この手で老いをなんとか隠そうとするのですが、それには限界があります。

ただ、

「綺麗な老い方」

というのはあると思います。

「人間(男)は40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持て」と語ったリンカーン大統領の言葉のように、人間の生きざまというのが顔に現れるてくるのは40歳前後だと思います。

年を取れば取るほど、生きざまは顔に現れてきます。

人間の身体的な老いというものは個人差もありますし、仕方がないものですが、

生きざまは変えることができます。

ある年齢になったら、必然的に老いと向き合わなければなりませんが、

出来れば、

「綺麗な老い方」

をしたいものです。

「綺麗な老い方」をする為には、

生きざま

が重要になってきます。

それでは、

どんな生きざまをすれば良いのでしょうか?

高齢者でもカッコいいなと思う生きざまの方々が沢山います。

私は音楽(とくにJazzとClassic)が好きなので、個人的にカッコいい生きざまをしているなと思う人物に、

ジャズサックスプレイヤーの渡辺貞夫さん(1933年生まれ85歳)

そして、

ジャズピアニストの秋吉敏子さん(1929年生まれ88歳)がいます。

お二人とも現在も尚、現役でバリバリで活躍しています。

Classicの世界ではピアニストの室井摩耶子さん(1921年生まれ97歳)は、97歳を越えた今でも現役です。

女優の吉永小百合さん(1945年生まれ73歳)や山本陽子さん(1942年生まれ76歳)は、今でも美しいですよね。

漫画家の「やなせたかし」さんは2013年に惜しくもお亡くなりになられましたが、有名な「アンパンマン」がヒットしたのは69歳の時、その後もお亡くなりになられる94歳まで現役でいました。

高齢になっても、

現役を貫き通している生きざまは

カッコいいですね。

そして、そのような方々はすべて

「綺麗な老い方」

をなさっていると思います。

もちろん、有名人だけでなく、カッコいい生きざまをしてきた高齢者というのは、数限りなく存在します。

そんな人たちに共通して

言えることは

「生涯現役」

であるということです。

そして、生涯現役であるためには、

1.好奇心が旺盛であること

2.常に向上心をもつこと

3.くじけない強い心をもつこと

が重要であると、「老いの工学研究所」の代田耕一氏は語っています。

さらに、

「生涯続けられる仕事は幸せな老い方を約束する」「隠居は不幸の始まりである」

とも語っています。

私は現在、長野の閑静な別荘地に在住していますが、そこには人生早々と引退して、自由気ままな隠居生活をしているお金持ちの方々が沢山おります。

しかしながら、

そのような方々に関しては、誰一人として魅力を感じません。

我われのような貧困老人であっても、生涯現役でカッコいい生きざまをすることは可能です。

もちろん、

生涯現役でいるためには、老後に向かって出来る限り早く準備することが必要ですが、

今からでも決して遅くはありません。

今出来る事、やらなければならない事を着実にこなしていきましょう。

そして、お互いに「綺麗な老い方」をしていきましょう。

今回も、最後まで読んで頂きまして、どうも有難うございました。

モリフク

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 貧乏シニアへ
にほんブログ村