ヤフオクで食いつなぎ、森林伐採の仕事につく

シェアする

こんにちは、モリフクです。

前回、歯科技工士という仕事を廃業したところまで

お話しましたが、私は、学生の頃のアルバイト以外は、

歯科技工の仕事以外は全く経験がありませんでした。

技工の仕事が出来なくなる・・・

これから一体どうやって生活していけばいいのだろう・・・

絶望の崖っぷちに立たされました。

とにかく、技工以外で何かお金を稼がなければならない・・・

最初に思いついたのが、

家にある不用品を処分してお金にする

ということです。

そして、その手段は

ヤフーオークション!!

モバオク

まずは仕事探し・・という方向には向かいませんでした。

自営で長年もやってきたので、

いきなり会社勤めということには抵抗があった

のです。

ヤフーオークションは、以前にも何度かやったことがあるのですが、

どちらかというと購入する一方でした。

とりあえず、お金になりそうなものは片っ端から出品しました。

まずは、歯科技工で使っていた機材や金属などを出品しましたが、

けっこうな高値で売れました。

大切にしていた楽器やオーディオ類、

昔集めていたモデルガン、軽自動車2台等々・・・

とりあえず全部で100万円以上になったと思います。



しかしながら、単に個人がヤフオクに出品するのでは、

すぐに売る物が無くなってしまいます。

ただ、

急場しのぎでお金を作るのであれば、

オークションはすぐに稼ぐことの出来る手段です。

モバオク

オークションを行う方法ですが、

まずは、Yahoo IDを取得してから、

Yahoo!プレミアム会員にならなければなりません。

会員費は月額金462円(税抜)ですが、

会員になると様々な特典もあります。

費用としては月額会費と、落札された商品の8パーセントのみです。

登録はとても簡単で、こちらから出来ます↓

https://auctions.yahoo.co.jp/guide/guide/sell01.html

オークションやるならモバオク!

また、ヤフオクは面倒だという方でしたら、

アマゾンで販売されている様々な商品を、自宅に居ながら買取に出せる

「リコマース宅配買取サービス」が便利です。

Amazonアカウントで利用できる【リコマース宅配買取サービス】

Amazon.co.jpアカウントでログインするので、

面倒な住所の入力は不要で、 宅配キットや荷物の引き取りも無料ですし、

指定時間に取りに来ていただけます。

お支払いは、現金ではなくて、Amazonギフトになりますが、

査定が完了したらスグに代金を受け取れます。

買取リストもサイトで公開中しています。

詳しくは、こちらをご覧ください↓

Amazonアカウントで利用できる【リコマース宅配買取サービス】

何れにしても、ネットを使って不要な物を売るということで、

全くの素人でも、ある程度の収入を得ることが出来ます。

中には、ヤフオクで生計を立てている方々もいらっしゃるくらいです。

もし、ヤフオクで本格的に稼ごうと思うのでしたら、

こちら↓が参考になるかと思います。




私が住んでいるこの場所は、

一般的な住宅地ではなくて別荘地区ということもあり、

管理会費というものを払わなければなりません。

その年会費が7万円ほど・・・

歯科技工士現役の頃は、

そんなものはたいしたことない金額だと思っていましたが、

無職になってしまうと、次第に支払いが滞ってしまうようになりました。

別荘管理の会社から、督促の電話が来るようになり・・・

仕方なく事情を話し・・

その管理会社で働かせてもらうことになりました。

助かった、何とか生活していける・・・

と、思いましたが、

そんなに甘いことではありません。

何しろ、すべてがど素人なのです。

当時の管理会社の仕事は、

売れていない山林を開拓して売れるように整備するということ

をメインにやっていたので、山林を伐採して整地するという作業でした。

専門のキコリさんが1人いましたが、

年齢は私より一回り以上年下であったにもかかわらず、

容赦なく怒鳴られました。

以前は別荘に住んでいるということで管理会社のお客様でしたが、

立場は逆転して単なる従業員になり、社長にもよく怒鳴られました。

今まで、歯科技工一筋でやってきたプライドなど、すぐに吹っ飛びました。

全く使った事の無いチェーンソウ、全く操作の分からないバックホー・・・

運転した事の無い4トンダンプ・・・すべてが初体験。

とくにバックホーは私の担当になり、毎日怒鳴られながら練習(というより即実践)しました。

キコリさんが切り倒した材木をバックホーでダンプに積んで運ぶ、という仕事がメインになりましたが、慣れというものは恐ろしいもので、最終的には自分の手足のようにバックホーを操作することができるようになり、信じられないような急斜面を登って作業したり、直径1メートル以上あるような大木をつかんで運搬したりもできるようになりました。

しかし、常に危険とは隣り合わせ・・・

冬場の作業の時に、雪ですべってバックホーごと、崖下に落ちそうになったこともあります。

また、他の従業員が作動させていたチェーンソウで右腕を切り落とされそうになったことがあります。

あと、数センチでやばかったです。その時の傷は酷くて、肉がバラバラになってしまったので、縫うことも出来ませんでした。

今でも、その傷跡は鮮明に残っています。

もしも、その時の右腕を失っていたら、全く違った人生になっていたことでしょう。

人生なんて、ほんのちょっとしたことで

大きく変わってしまいます

今から考えれば、その管理会社は労災も入っていなかったし、

バックホーも全くの無資格で運転していました。

いくら敷地内での作業だといっても、

4トンダンプも無車検だったと思います。

随分いい加減な会社でしたが、

当時は別荘の土地が売れまくっていたので、

給料は他に比べれば良かったし、とりあえずボーナスも出ました。

私にとってみれば、

歯科技工以外で生まれて初めてお金を得ることが出来た仕事です。

もちろん、肉体的には相当きつかったし、

いつも怒鳴られる日々でしたので、精神的にも相当なストレスでした。

ただ、

全くやったことの無い仕事でも

やれば出来るんだ・・・

という自信みたいなものが出来ました。

とくにバックホーや4トンダンプを自分が

運転するなんて考えたこともありませんでしたし・・・

もしも、急に仕事を失って路頭に迷った場合、

まずは、

何でもすぐに

チャレンジしてみる!!

ということが重要だと思います。

どうしよう、どうしよう・・・と、

考えてばかりいて実行に移さなければ、

何時までたっても解決策は見出せません。

とくに、ある程度の年齢の方が失業した場合は、

仕事の選択肢が大幅に減りますので、

過去の仕事の栄光は

すべて捨て去ることが大切です

過去のプライドは捨てて、今出来る事を実行する。

これしかありません!!

その別荘管理の会社では3年ほど勤務しましたが、

別荘地を売る場所も無くまり、会社自体の景気も悪くなってきました。

そろそろ潮時かな・・・と思い、次なる仕事を探すことになるのです。

この時、すでに50代後半です。

次回は、50代後半からの仕事探しと、結婚についてお話したいと思います。

今回も最後まで読んで頂きまして、どうも有難う御座いました。

モリフク

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 貧乏シニアへ
にほんブログ村